2018.02.12 Monday

今日から準備瞑想です!

0

    今日から3月のLight of Star Childrenに向けて準備瞑想が始まります。全5回です。受講希望者の方、修了者の方が対象です。午後10時35分〜10時50分まで、まほらの月曜瞑想に続いて行っていきます。初めて参加される方、どうぞこのセミナーで体験される光とエネルギーに自己を開くつもりで瞑想してみて下さい。よければセミナーまでに一回でも参加頂くとよいのではないかと思います。

     

    関連記事

    http://healingmahora.jugem.jp/?eid=379

     

    http://healingmahora.jugem.jp/?eid=354

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2018.02.09 Friday

    ヒーリング基礎クラスの宿題例

    0

      先日お知らせしましたヒーリング基礎クラスに関する記事です。

      クラスとクラスの間の宿題について、イメージがつかみにくいと思いますので、ここで以前に開講した基礎クラスの宿題を例としてアップいたします。毎回、これぐらいのボリュームの宿題はだすこととなりますので、参考にして頂けたらと思います。

      レポートの量は、何文字以上、何枚以上ということはありませんが(何枚までというのはあると思います)、自己分析やヒーリングを振り返っていくプロセス自体が学びになっていきますので、それをふまえて行っていかれるとよいと思います。

       

      また、クライアントのエネルギーや自己のエネルギーについてのレポートがあります。最初からエネルギーを十分に感じたり観察できなくてももちろん大丈夫です。ただ、「できない」と決めつけてしまうことなく、何かしら感じたことをレポートして頂くとよいと思います。これまでの経験から、皮膚感覚的及び筋感覚的にエネルギーを感じ取っていくことは、ほとんどの方がコツをつかみ、練習を重ねていくとマスターすることができると思っています。最初から特別な、抜きんでた能力は特に必要ないと思っています。それよりも、学びへの情熱、自己探求への好奇心、ヒーリングそのものや人間の本質・この宇宙の仕組みやエネルギーワークへの探求心、霊的成長への希求など、そうしたことがあるかどうかということの方が大切のように思います。

       

      なお、宿題はクラスの10日ぐらい前に提出して頂き、クラス中にはフィードバックとともにお返しする形になります。

       

      ヒーリング基礎クラス宿題例

       ☆リーディング  

      以下の資料及び、ページを次回のクラスまでに読んでおいて下さい。

      1. クラス1で渡した全資料。

      2. 「光の手」上巻P214〜263

      3. 「光の手」下巻P258 〜295

       

      A.自己の気付きのためのレポート

      1. 以下の質問に対して、記述して下さい。

      「光の手」下巻のP268からの「ヘヨアンのセルフヒーリングのための瞑想」をよみ、実践してみましょう。  

      実践して気付いたこと及び感想を記述して下さい(A4用紙1枚以内で)。 さて、その経験もふまえて、次の質問に回答して下さい。自分自身を感じながら、記述していきましょう。

       

      あなたが恐れているものがあるなら、それは何でしょうか。恐れのリストを作ってみましょう。

      その恐れは、身体に関係したものでしょうか? あるいは人生の状況に関するものでしょうか? または、一般的な恐れでしょうか?

      恐れをあなたの生活の状況に結びつけてみましょう。そして気付いたことを記述して下さい。(恐れは常に、あなたがしたいと思っているのに実行していないものと関係があるかもしれません。それはあなたがより偉大な存在に到達する妨げとなっているかもしれませんが、同時に、そこに至るドアでもあるのです。)

       

      2.「りーディング」の宿題にある、「光の手」上巻12章、13章を読んでから、以下の質問に回答して下さい。

      あなた自身が5つの性格構造をどれくらいもっているか、比率で示してみましょう。   

      例えば、 

      スキツォイド(精神分裂) 50%       

      オーラル(口唇)     30%       

      サイコパス(精神退行)  5%       

      マゾキスト(マゾ的)   5%       

      リジッド (硬直)    10%   

      というように…

      ,如△△覆燭寮格構造の中で最も比率が高かったものについて、その理由を、あなたの肉体的特徴とエネルギー的特徴、及び人格の防衛パターンと関連づけて記述してみましょう。

      ´△鬚佞泙┐董∈この時点で、あなた自身が感じるあなたの個人的使命とはどういうものでしょうか。 また、あなたの世の中における使命とはどういったものでしょうか。今のあなたが書ける形で、あなた自身の言葉で記述してみましょう。

       

      B.ヒーリングセッションについてのレポート    

      クラスの間に3回以上ヒーリングを行って下さい。その内の1回について、記述して下さい。

      1. クライアントの基本情報について記述しましょう。 (※クライアントには宿題にとりあげさせて頂くことの了承をとっておきましょう。)

       

      2. このクライアントと会った時、あなたはどこに興味を持ちましたか(体の特定の部位、表情、話し方、姿勢等)。またエネルギー体としてみた時に、どこに注目しましたか?

      3. 視覚的な情報から、あなたは、このクライアントがどの性格構造を強く持っているように感じましたか?それはなぜですか?

      4. ペンジュラムを使ってのチャクラリーディングの結果をイラストの横の表の中に記入して下さい。 また、自分自身の筋感覚、皮膚感覚、できる範囲での視覚的な超感覚を使って、チャクラの状態を感じ、感じたことを書いてみましょう。 その結果からこのクライアントは、理性と意志と感情の、どの部分をよりよく使っていると理解できるでしょうか。 チャクラの上に手を置くと、何か情報がやってくることがあるかもしれません。それは視覚的にやってくるかもしれませんし、感情が伝わってくるような感じ、あるいは何となくの感じでわかることかもしれません。そうした何か感じたことがあれば、それについても書いてみましょう。 さらに、オーラの状態について他に感じたことがあるなら、イラストに記入しましょう。 その際色鉛筆を使ってもかまいません。

       

      5. ヒーリング中のあなた自身について振り返ってみましょう。

      あなたにとって、今回のヒーリングでとても難しいと感じたのはどんなことでしたか。

      ,紡个靴撞佞法△△覆燭自然にスムーズに、また興味をもってできたことはどんなことでしたか。

      あなたが、明確にハイアーセルフとのつながりを失ってしまったように感じた瞬間がありましたか?それを自分自身の防衛構造やイメージ、パターンと関連づけて理解できるならばそのことについてもふれて下さい。そしてその状態から、あなたはハイアーセルフとのつながりを取り戻しましたか?もしそうなら、それはどのようにして取り戻したのでしょうか?

       

      ☆クラス5で発表するアートプロジェクトの準備 (提出不要)  自己の内部深く入っていき、自己のエッセンスを感じるために、何度か瞑想の時間をもってみましょう。 そして、感じたことを記録に残しておきましょう。 


      2018.02.06 Tuesday

      今年のヒーリング基礎クラスの開講日程について

      0

        今年開講のヒーリング基礎クラスの日程についてお知らせいたします。

        基礎クラスは、2年にわたり全7回で実施していきます。お申込みは、一年ごととさせて頂く予定です。つまりクラス4以降は改めてお申込みいただくこととなります。この基礎コースでは、アストラルレベルでのヒーリングができるようになるところまでを目標として実施していきます。内容についての詳細は3月中にこのブログでもご案内させて頂きます。

         

        Divine Core Creative Healing 基礎コース

        2018年

        クラス1 6月9日(土)・10日(日)

        クラス2 8月18日(土)・19日(日)

        クラス3 11月23日(金)・24日(土)・25日(日)

        このクラス3は2泊3日のとまりでのクラスの予定です。

         

        2019年

        クラス4 2月9日(土)・10日(日)

        クラス5 5月11日(土)・12日(日)

        クラス6 8月24日(土)・25日(日)

        クラス7 11月16日(土)・17日(日)

         

        クラスとクラスの間は、ヒーリングの個人練習、宿題、自主的な瞑想、そしてセラピーセッションをまほらで1〜2回受けて頂くことが必須となっていきます。

         

        必読書:

        バーバラ・アン・ブレナン著「光の手」上下巻及び「癒しの光」上下巻。これらの書籍の中から多くの宿題を出すこととなりますので、原本でなくても何等かの形(コピーなど)をご用意しておいてください。

         

        推奨・参考図書:

        ジェーン・ロバーツ著「セスは語る」「セス・ブック個人的現実の本質」

        サネヤ・ロウマン著「魂の愛」、「スピリチュアル・グロース」

        推薦書は、もう少し増えると思います。またお知らせさせて頂きます。

         


        2018.02.05 Monday

        3月東京ヒーリング個人セッションのご案内

        0
          ヒーリングの東京個人セッションを下記日程で実施します。
          1セッション1時間で1万円です。
          延長料金の設定はございません。
          4月末からの初回ヒーリングセッション変更の適用は次回2018年秋の東京セッションからとなります。
          よろしくお願いいたします。
          会場は、品川のホテルのお部屋になりますので、施術用のベッドではないこと、ご了承下さい。

          セッションをご希望の方、下記にメール頂くか、090-8237-3273にお電話下さい。
          セッション内容や空枠状況についてのご質問も受け付けていますので、初めての方もどうぞ気軽にメールでご連絡下さい。
          なお、場所の詳細についてはお問合せ・お申込下さった方に改めてご案内させて頂きます。

          問合・申込先:healingmahora★infoseek.jp 
          (←スパム対策の為、★マークを@マークに変えてください。)

          2018年 
          3月4日(日) 夕方から夜にかけて
          3月5日(月) 終日
          3月6日(火) 午前中のみ

          お問合せ頂いた時に、ご希望の日時が既に決まってしまっている場合はすみません、ご了承ください。

          2018.02.02 Friday

          高次のガイドとともに学ぶシリーズご案内

          0

            2月の「光の使者になる…愛と才能の開花へ」、3月の「Light of Star☆ Children」のご案内です。

            日時は下記の通りです。

            「Light of Star☆ Children」のための準備瞑想は、2月12日の月曜からスタートします。時間は月曜瞑想に続いて午後10時35分〜50分までです。

            セミナーの内容については、リンクの各セミナーの項目の箇所をみて頂けたらと思います。

            なお、2月4日(日)に体験セミナーを実施します。節分をすぎ、本格的に今年が始動する節目ともいえる日、ぜひご一緒に瞑想しませんか、どうぞ気軽にいらして下さい。

             

            ☆「光の使者になる…愛と才能の開花へ」

            日時:2018年2月17日(土) 10時30分〜14時30分       

                   2月18日(日) 10時15分〜16時15分

            なお、今回はこれまで通り受講費38000円(再受講は18000円)でさせて頂きます。次回からはまほら開催の同セミナーは45000円(再受講は2万円)となります。よろしくお願いいたします。

            http://healingmahora.jugem.jp/?eid=175

            http://healingmahora.jugem.jp/?cid=45

             

            ☆「Light of Star☆Children」

            日時:2018年3月17日(土) 10時30分〜16時30分  

                     3月18日(日) 10時15分〜16時15分

            http://healingmahora.jugem.jp/?cid=39

             

            ☆体験セミナー

            日時:2月4日(日)14時30分〜16時 参加費2000円 (修了者は無料)

            http://healingmahora.jugem.jp/?eid=373

             

            上記三つとも会場はすべて江之子島文化芸術創造センターです。

            お問合せ・お申込み: healingmahora★infoseek.jp (←スパム対策の為、★マークを@マークに変えてください。)


            2018.02.01 Thursday

            「瑠璃寂静」、悟りへの道。

            0

              昨日、無事2回目の「瑠璃寂静」が終了しました。セミナーを終えて建物の外に出ると、既に月が欠け始めていました。かけても大きく輝く月、とてもきれいでした。その後の皆既月食中の月は私は見れなかったのですが、遠隔受講された方が神秘的な写真を送って下さいました。感謝です。ただ、その日の夢の中でもそれはそれは大きな月を間近で見ていました。

               

              さて、2日間瑠璃寂静の瞑想を経験して、この瞑想は満月の時、月のエネルギーを感じながら、それに後押ししてもらうように瞑想していくことで、一層深く入っていけると今回も実感しました。ですので、実は今回のセミナー前からも考えていたことですが、昨日瞑想を終えて、今年3月にあるブルームーンの日にもやはり、この瑠璃寂静を設定しようと思います。3月31日(土)の午後から夜にかけてです。 その後は4月29日も予定通り開催したいと思います。

               

              昨年11月の初めての「瑠璃寂静」も、深い意識の体験をもたらしてくれるものだったのですが、今回はさらにそれが深まり、私自身ようやくこの「瑠璃寂静」が導いてくれている意識とエネルギーの世界を体験することができたといえます。でもそれでもまだすべてをマスターしたとは思っていません。

               

              瑠璃寂静は、魂を清めていくプロセスがこめられた瞑想です。まるで手垢がつくように濁ってしまったといいますか、曇ってしまった魂の輝きを再び取り戻していく、そしてその先にある悟りの意識へと導くことを助けるものです。

              ここでいう悟りとは、一瞥体験のことではありません。もちろん体験される方の意識のステージによって、その体験も違ってくるので、受けられる方がどのような気づきを得るかは様々であるといえます。

              それでも、この瞑想の真髄は、「悟りにいたる」ということであるといえます。そして、この悟りに至るには、やはり準備が必要なのだと本当に今回のセミナーで、感じました。言いかえれば、呪縛という形であらわれているほとんどのカルマを解消し、ある程度の意識の自由さを獲得しておく必要性があるということです。 そしてまた、自己の内側に、完全ではないにしても、育ち始めているだろう自発的な信仰心というものを得ている必要もあるでしょう。この信仰心とは大いなる意識の一部としての内なる神聖さへの帰依です。

               

              一瞥体験や瞑想を通してのオーガズム、ワンネスの意識、そうしたことを体験することにはさほど準備はいらないといえるかもしれません(ただし、大きなエネルギーの急激な上昇や広がり、高まりを経験するにはエネルギー的な準備が必要と思います)。

              でも真の「悟り」にいたるためには、準備が必要なのだと、本当に「瑠璃寂静」を経て感じています。

               

              その準備とはどうすればよいのでしょうか。

              過酷ないわゆる修行というものは必要がないかもしれませんが、それでもこの現実を生き抜くということ、命をいききりながら日々癒しと気づきを重ねていくこと、しかもその得た気づきにさえしばられていかないこと、そうしたたゆまぬ魂を磨くというプロセスは必要なのではないかと思います。ガイドのシリーズのような瞑想は、そのプロセスを速めてくれるものだといえますが、日常の中でできることは、日常を生ききること、目の前にあらわれてくることから逃げずに、それに向かいあうことではないかと思っています。ポジティブだと思えることもネガティブだと思えることもです。では弱音を吐いてはいけないのか、逃げてはいけないのか、迷ってはいけないのか…、そうではなく、悟りに至りたいと思うならば、弱音をはいても、逃げても、なにをしてもよいと思うのですが、それをした、「行為」を起こした自己をあるがまま認めていくことだと思うのです。 何かができていないならば、できていないことと向き合う、認める、できなかったならば、できなかったことを認める、ぶざまな自分がいるならば、そのぶざまな自分と向き合う、そうして、因を外側におしつけて真実をかくそうとしてしまうことなく、自らが招いた、自らがいる場所にまっすぐに立つこと、そういうことが悟りへの道を開いていってくれるのではないかと思うのです。

               

              結局、今現実にどのようなものが目の前にあらわれてきていたとしてもそれが宇宙の答えです。あなたが宇宙とともに作りだしたそれに降伏し、向き合っていくならば、そしてその一切に感謝していくことができるならば、あなたが意識していなくても、おのずと悟り前夜に近づいていくと思うのです。そのようなプロセスをさして修行ということができるならば、それはまさに社会の、日常の中にある修行ではないかと思います。

               

              もう一つ、昨日改めて思ったのですが、「瑠璃寂静」の意識を体験していくには、自己の内側に光を見出すという経験が大いに役立つということです。仏教的な言葉でいうならば、自燈明となるのでしょうか。 その光を感じることができて、私達は、すべてをがらりと変えてしまうほどの「悟り」を得ることができる、その意識の前にたとえ自己のすべてが崩壊したとしても、「在る」意識へとたどりつくのではないかと思えます。 そういう意味で、ガイドがこの瑠璃寂静の前に「光の使者になる」を設定してくれていたのは、やはり大きな意味があるのだと思えます。

               

              瑠璃寂静、次回は3月31日です。参加を希望される方は、よければそれまでぜひまほらの月曜瞑想に参加して頂くとよいのではないかと思います。


              2018.02.01 Thursday

              「光の使者になる・・・愛と才能の開花へ」のご案内

              0

                昨年のご案内の記事の再投稿です。

                高次のガイドとともに学ぶシリーズ「光の使者になる…愛と才能の開花へ」2日間セミナーのご案内です。
                私自身が、意識を拡大し、ガイドをチャネルしながら皆様を誘導していく瞑想のセミナーであり、またエネルギーワークとしての側面ももっているセミナーです。どうしてエネルギーワークなのか、それはこの瞑想を通じて自己の存在の神聖なコアにアクセスし、そのコアから表出してくるエッセンスの体験を自己の癒し、気付き、あるいは魂の憧憬の現実化へとつなげていくセミナーでもあるからです。

                私達は、本質的には同じ源から生まれ、同じ源へと帰っていく存在だと思いますが、同時に一つのとてもユニークな個性として地上に存在しています。そこに流れているのは、先祖やもっと古い時代から引き継いできたエッセンス、そして今回の人生を含めて、すべての転生で魂が経験してきたこと…。例えばよく過去生ヒーリングなどでは、過去生の傷にフォーカスがあたってしまうことが多いかもしれません。でも私達が過去生から携えてきたものはそれだけでしょうか?私はそうは感じません。いくつもの転生を生きることによって育まれてきたこと、得てきたユニークなエッセンスがそこにはあることでしょう。それらはまた、物質界を超えた高い次元においては同時に存在しているといういい方もできるかもしれません。
                このセミナーでは、多次元的な自己へと意識を開いていき、顕在的意識がまだ目を向けていない、自身の中にあるユニークな才能の芽というものにフォーカスをあてながら、そして今回の人生でどのようにそれを開花させていくのか、また個人のエッセンスの表現がどのように未来とつながっていくのか、高い意識状態に自己を引き上げるからこそ見えてくるあなた自身の世界と神聖な表現を瞑想を通じて探り、自己のユニークなエッセンスとともに魂の憧憬を現実化していくための土台を瞑想の中のエネルギーワークによって築いていくことを目的とします。
                この瞑想は、ヒーリングやセラピーを行っている人、興味がある人にとっても、とても役立つものではないかと思っています。ぜひ興味のある方はいらして下さい。

                瞑想主題(すべてガイドとともに構築していったものです)
                1.存在の中心へ
                2.あなたの中のギフトに気づく
                3.先祖からあなたへ
                4.過去生からあなたへ
                5.光への誕生
                6.宇宙との合一
                7.未来生からの贈り物
                8.エッセンスの拡張
                9.光の使者になる
                ⒑ 宇宙の意志と具現化するエッセンス


                日時: 2017年4月29(土)日・30日(日)各10時15分〜16時15分

                    次回日程は、2018年2月17日(土)・18日(日)

                受講費:38000円。スタジオ録音誘導瞑想CD費込

                    (次回以降の開催より45000円となります。)
                    遠隔受講可。遠隔受講される方には、当日エネルギーをお送りし、
                    録音CDで学んで頂くことになります。
                    キャンセルは8日前までは無料。7日前からは一律10000円。
                    当日払いはすべて1000円アップとなります。
                    なお当日の誘導もライブ録音する予定です。
                    当日の録音を希望の方は料金は別途2000円(送料込み)で、
                    お渡しは基本的にSDカードとなります。
                    よろしくお願いします。
                    
                    振込先は申込者にご連絡します。
                    お振込の際の手数料は受講者負担でお願いします。
                    再受講費は18000円(遠隔再受講の方は当日録音つき)。

                    (次回開催以降は20000円)
                    再受講についてはキャンセル料の設定はありません。

                場所:大阪市内の研修施設もしくはレンタルスタジオ(申込者にお知らせいたします)
                お申込み:お問合せ:healingmahora★infoseek.jp (←スパム対策の為、★マークを@マークに変えてください。)

                注)基本的にどなたでも参加して頂けるセミナーですが、このセミナーは治療法ではありません。心身の状態によっては受講を控えて頂くことがあるかと思いますが、どうぞご了承ください。
                また、誘導瞑想のセミナーですが、高いエネルギーに運ばれるように瞑想に入っていくため、瞑想の経験がない方などは、ほとんど眠っているような、意識をなくしてしまったような状態になる可能性があります。意識がとぎれるのは、覚醒していられる意識の限界にチャレンジしている状態であり珍しくなく、またある意味意識のシフトを経験しているともいえます。一度そのレベルで拡張された意識を体験すると、同じレベルで意識をなくすということはないと思います。けれどもこの意識がなくなるという状態、ハイアーセルフとのつながりが感じられる人にとっては受け入れやすいことと思いますが、そうでなければ何をしにきたんだろうと思ってしまう人もおられるかもしれません。
                またセミナーは悟りを目的としていますが、その悟りとは意識の広がりの中で訪れる断続的な気付きのことです。エネルギーワークとしての側面ももっているために、これを機に浄化が起きる可能性もあります。セミナー受講に関しましては、以上も踏まえ、また同時に右の項目の「まほらでセミナーを受けられる前に」をお読みになり、その上でお申し込み下さい。本セミナーへは同意書へのサインアップが必要です。

                蓮花つぼみ


                | 1/53PAGES | >>