calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

archives

links

2018.06.22 Friday

夏至の太陽

0

    昨日は夏至でした。夜は瞑想会を予定通り実施しました。

    ご一緒に瞑想の機会をもって頂き、感謝いたします。

     

    まほらは、太陽のパワーを活かすための瞑想、

    そして、新月と満月に合わせた瞑想のCDも作りたいと考えています。

    ですので、来月の新月及び満月の日にも瞑想会を実施できないかと今考えています。

    決まりましたら、お知らせさせて頂きます。

     

    2018年夏至 日輪

    2018年夏至16時半頃 

    太陽を見たいと思って外に出たら、かすかに日輪が見えていました。

     

    2018年夏至 夕暮れ2

    夕暮れ時 瞑想会前


    2018.06.19 Tuesday

    蓮花のメディテーション

    0

      昨日は、不安な夜を過ごされた方も多かったのではないかと思います。

       

      昨晩は月曜瞑想でした。ご一緒に瞑想の時間をもって下さった皆様、ありがとうございました。

      昨日は、瞑想が始まるとすぐに、大きな蓮花のイメージがあらわれて、そしてその蓮花に包まれているような中で瞑想が進んでいきました。目を閉じて感じているそのスペースは光がまぶしいくらいで、サポートされているのを強く感じました。 そして、この蓮花のイメージを皆様にお伝えするようにとガイドからのメッセージのようで、今書いています。

       

      蓮花のイメージを使った瞑想は、よくヨガのクラスの時に行っていました。

      ヒーリングの現場でいつも思うことですが、皆様本当にいろいろなことと向き合っておられると思います。それでもどんな時にも、誰もの中にも個人化した神がいることを、そしてそのエッセンスを表現していくことができることを思い出して頂きたいと思いますし、 体も元気で、日常がうまくいっている時もまた、その中心からあふれるエッセンスが私達自身をより豊かにし、表現されたエッセンスは世界への贈り物となり、それはまたあなたのもとへと返ってくるということ、感じてほしいと思います。

       

      まずは、瞑想しやすい姿勢を見出して、自然な呼吸を感じてみましょう。

      不安のある時は、丹田に片方の手を、もう片方の手を鳩尾においてみましょう。

      仏像の台座のイメージも手掛かりに、しかも色彩豊かに、今まさに、薄紅色の蓮花が大きく花開いている、その上に自分自身が座しているとイメージをしてみて下さい。 蓮の花のエッセンスの中で瞑想しているような感覚です。

      頭の中でのイメージというよりも、まさに自分が座っているその空間に大きな蓮花があり、その中心に座っていると感じてみましょう。 周囲には、たくさんの蓮花が泥の中から伸びて、花開いています。

       

      泥は泥でそれもひとつの大地の個性だと思いますが、それをこの瞑想の中では、あなた自身にとっての何かの象徴として感じてみましょう。それはどんなイメージと重なっていくでしょうか。 そして、その泥の中にあっても、生き生きと美しく大輪の花を咲かせる蓮花を感じて、まさにその大きな大きな花の花芯にあなたが座っていて、あなたのオーラが蓮の大きな花びらと重なるように広がっていくと感じてみましょう。 そしてあなた自身の存在のコア(エネルギーのポイントでいえばおへその少し上の奥、まさに肉体霊体の中心のような場所)を感じていきましょう。

       

      蓮花は、太古の時代から存在し、そして今も変わらず生きていて、そしてその種の中には2000年以上も土の中で眠っていたものが時を超えて今花を咲かせてくれているものもあります。 その強く、美しく、豊かな生命力を感じ、その蓮花のエッセンスと自分自身のエッセンスが交わっていくように、そしてあなたの中にあるエッセンス、創造力と愛が存在のコアからあふれて広がっていくのを感じてみましょう。

      そしてその生命力が形を変えていき、あなたにはどんな時も、どんな環境におかれてもそれに向き合っていく力、対処し、さらに現実を作っていく力があることをエネルギーの感覚とともに、信頼しましょう。

      自分の中心から愛と力が湧き上がってくるのを感じてみましょう。

       

      できる人は、蓮花がこの地球上で保持しているエネルギーグリッドにもつながってみましょう。

      その素晴らしいエネルギーを感じさせてもらいましょう。

       

      瞑想を終えられる時には、蓮花、その種全体に、そして宇宙に感謝の気持ちを送りましょう。

       

      蓮花 ちーちゃん1

       

       

      こちらは大賀ハスです。

      これから、蓮花の季節となりますね。

       


      2018.06.18 Monday

      ご安全でありますようにお祈りいたします

      0

        今朝、大阪で地震がありました、府内の皆様、また近くで震度の強かった地域の皆様大丈夫だったでしょうか。

        こちらは、揺れには驚きましたが、大丈夫です。気にかけて下さった皆様、どうもありがとうございます。

        この後も、被害が最少でありますように、そして皆様ご安全でありますようにお祈りいたしております。

        どんな時も愛と光とともにありますように…。

         

        心に不安がある時は、おへその数センチ下にある丹田に片方の手を、もう一つの手をみぞおちにおいて、そして両足で大地に根をはっているように感じて、丹田とみぞおちのエネルギーが安定してくるのを感じましょう。みぞおちが落ちついてきたならば、みぞおちにおいていた手をハートチャクラに移して、そこに桜の花びらを感じてみましょう。 以下の記事も参考にして下さい。

         

        http://healingmahora.jugem.jp/?eid=280


        2018.06.17 Sunday

        夏至の瞑想会…太陽の光を受けて、変化と再生へ。

        0

          今年も6月の半ばを過ぎ、もうすぐ夏至がやってきます。

          特にプランはしていなかったのですが、ここにきて、今年のこの夏至のパワーを最大限に活かす機会をもつように何か背中をおされているように感じています。

          そこで、この高まる太陽のエネルギーを受け取りながら、今の自分自身の体、細胞、感情、思考、エネルギーフィールドのすべてをアップデートするための瞑想会を開きたいと思います。

          瞑想は誘導瞑想の形で2つか3つ行っていきます。

          まほらでのセミナーが初めてという方も、どうぞ気軽にいらしてください。

           

          ☆夏至の瞑想会…太陽の光を受けて、変化と再生へ。

          日時:6月21日(木) 18時45分〜20時45分

          参加費:3000円 場所:大阪市西区のレンタルルーム(申込者にお知らせいたします)

          会場に来られる方でしたら、どなたでも参加して頂ける瞑想会です。

          参加費は当日お支払い下さい(おつりのないようにご準備下さい)。

          キャンセル費等の設定はございません。

          皆様のお越しをお待ちしています。

          お申込み・お問合せ:healingmahora★infoseek.jp           

          (←スパム対策の為、★マークを@マークに変えてください。)

          090-8237-3273(携帯)

           

          2018年1月10日

          2018年1月10日 伊勢浜島より


          2018.06.14 Thursday

          桜の花びらのメディテーション

          0

            桜の木のメディテーションの別バージョンです。

            前回の桜のヒーリングメディテーションに続いて行ってもよいかもしれません。

             

            私達は、日々直面する様々な出来事により感情が動かされます。喜びがあれば、悲しみもあり、怒りもある…。否定的な感情の場合は、心の痛みだけでなく、体の痛みとなってあらわれてくることもあるかもしれません。 日本人にとって桜は特別な花木ではないでしょうか。桜を想い浮かべるだけで、私達自身の中にある桜の記憶が呼び覚まされることでしょう。その記憶は春の香りや色彩や、風の感覚や、まるでそこから音が聞こえてきそうなほどの豊かさをもっているかもしれません。そしてこの桜のエネルギーは、私達を喜びや愛へと、あるいは安らかで穏やかな気持ちへと誘ってくれるかもしれません。

             

            愛のエネルギーを体験していく手掛かりとしてバラの花のイメージが使われることがありますが、桜もまたとても身近なものとして、そのエッセンスにサポートしてもらうことができるのではないかと思います。

            まずは満開の桜の木の下にたった時のことを想いだしてみて下さい。 桜の木と花のエッセンスを感じてみましょう。そのエッセンスがあなたの中に、あなたの存在のすべての中に静かに流れてくるのを感じてみましょう。

             

            オーラの第四層のハートセンターはバラ色をしていますが、桜の花のイメージは、第四層のレベルだけではなく、それを超えて無条件の愛のエネルギー層にも私達を導いてくれることでしょう。

             

            横になっている状態、あるいは楽に座っている状態の中で、痛みのある場所、あるいは感情的痛みがあると思う場所に、桜のイメージを置いていって下さい。その場所を桜の花びらで満たしていくのです。自分の体を取り囲む卵型のオーラフィールドも桜の花びらで満たしていきましょう。 感情だけではなく思考のエネルギー(私達が考えていること)もまた、私達の個人的なオーラフィールドの中にエネルギーとして見出すことができます。 ネガティブなものはオーラの中で重さや暗さ、淀みとなって感じられるかもしれませんし、それにフォーカスをあてていくとどんな思いにとらわれているかが見えてくるかもしれません。 そして、その場所にも桜の花びらを置いていきましょう。個人の思考は、日々入ってくる情報の影響を受けることもあるかもしれません。自分のエネルギーフィールドを感じ、その中にあるものに気付き、それがたとえ否定的なものであるように感じても、ただあるがままを観察し、その場所にも桜のエネルギーを感じてみましょう。桜の花びらですべてを満たしていきましょう。

             

            少しずつエネルギーの感覚が変わっていくのを体験されるのではないかと思います。エネルギーが変わっていくと、とらわれや抑圧により停滞していた思いのエネルギーも感情のエネルギーも自然な流れをとりもどしやすくなっていき、気分にも変化があらわれるかもしれません。

             

            桜の香り、美しさに心を開くように、可能性を開いていくように、あなたの思考の枠組みをゆるめてみましょう。 強くとらわれている思考のパターン、自己の信念に気付いたなら、それを桜のエッセンスとともに宇宙にときはなってあげましょう。そして、その場所にさらに真珠の輝きを帯びた輝く桜のエッセンスとともに今の自分にあった、新しい思考、更新された信念をおいてあげましょう。自身の思考のエネルギーがかわれば、あなたの世界が少し広がったように感じることでしょう。

             

            ワークを終える時には、宇宙と、桜の花と木、メディテーションをサポートして下さったすべてに愛と感謝の気持ちを送りましょう。

             


            2018.06.13 Wednesday

            桜のヒーリンングメディテーション

            0

              オーラを調和へと導くために、一人で何かできることはないですかとリクエストを頂くことがあります。そんな時におすすめしているいくつかの方法を、ここでもご紹介していきたいと思います。

               

              今回は桜の木のイメージを使った瞑想です。これは高次のガイドと学ぶシリーズの「愛と霊性の進化」の一つの瞑想の中でもたらされた一部です。

               

              まず、椅子に座るか、フロアに座して、瞑想しやすい姿勢になります。目を閉じて、自分の想像力をエネルギーの感覚を高めていく手がかりとして使っていきましょう。 自分が足裏あるいはフロアにふれている体の部位、そして丹田を通して大地とつながっている感覚をもち、グランディングしていきましょう。

               

              目の前に大きなスクリーンをイメージして、そこに土色の大地にしっかりと根をはって、大きな桜の木がたっているとイメージしてみましょう。最初のイメージは、新緑の季節のいきいきとした青葉をつけている木を想像してみましょう。 そして、そこに座して瞑想している自分がその桜に近づいていく、あるいはイメージの中で桜の木にこちらにきてもらう、どちらでもかまいません、その桜の木の中心の太い幹と自分の体の中心軸が重なっていくように感じてみましょう。まるで自分が桜の木になっていくようなイメージをもってもいいと思います。

               

              さらに。桜の木が枝葉を広げているように、自分自身のオーラが広がっているのを感じていきます。 大地に根をはっている感覚を味わいながら、緑の若葉のエッセンスが自分のオーラを満たしていくのを感じてみて下さい。 そして、その美しい緑でハートチャクラも満たしていきます。若葉の緑でハートにふれた時に、様々な感情に気付いても、そこにあるものを否定せず、あるがまま感じ、そしてやがて宇宙に感情のエネルギーがときはなたれていった後、そこに若葉の緑のエッセンスが満ちていくのを感じてみましょう。

               

              今度は、あっという間に季節が過ぎゆくように、その木がつぼみから満開の花でうめつくされていくのをイメージしていきましょう。桜の木と一つになっているような自己の体とエネルギーボディを感じ、そのすみずみにまで、そしていく層にもなっているオーラのすべての層が桜の花でみたされていくと感じてみましょう。

              オーラの中にある滞ったエネルギーさえ、桜の花のエッセンスが癒していってくれるかもしれません。 そしてハートチャクラも桜の花で満たしていきましょう。若葉の緑の時と同じように、そこにどんな感情があっても否定せず、流れるままに感じていきましょう。やがて感情エネルギーが自然な流れを取り戻していき、ハートチャクラは桜色に満たされていくようです。

               

              さらに、その桜色に今度は、真珠色の輝きが加わっていき、オーラ全体ががキラキラとしたパールを帯びた桜色で満たされていきます。その色でハートチャクラも満たしていきます。 そして、意識的に、生きとしいけるもの、生命への愛といつくしみを感じてみましょう。自分が今生きていることに、感謝の気持ちをもってみましょう。

               

              色彩のイメージを手掛かりに、そのエッセンスを十分に味わったなら、ゆっくりと頭から首、胸、鳩尾、下腹部、両足と意識を向けながら自分の体を感じはじめて、桜の木のイメージも手放し、瞑想から帰ってきましょう。

               

              終了する時には、宇宙と桜の木・エッセンスに感謝の気持ちを送りましょう。

               

              桜の木 石鎚神社

               

              ☆ヒーリングクラス・チャネリングクラスについて

              6月27日18時30分〜

              江之子島文化芸術創造センター ルーム11

              参加費:無料

              お問合せ・お申込み:healingmahora★infoseek.jp (←スパム対策の為、★マークを@マークに変えてください。)

               

               

               


              2018.06.11 Monday

              自己のすべてのレベルのニーズに耳をかたむける

              0

                もう大分日が経ってしましましたが、書きかけてそのままになっていた記事をアップしたいと思います。

                まずは、5月の「自己を癒す、エネルギーを再設定する」のセミナーに参加して頂いた皆様、ありがとうございました。

                最近のまほらのセミナーは、瞑想やチャネリングが多いので、このような形のセミナーは久しぶりでした。 セミナーは、参加者お一人おひとりの「今」をより知っていくために、他の参加者の協力を得ながら進めていくもので、他者の印象や体験をヒントに、参加者自らが新たな視点で今起きていること、これまで起きてきたこと、そして自己の中にどのような人格的、霊的傾向があるかということをみていくという方法をとっていきました。 参加者各々のワークに、それぞれが協力していくことによって、瞑想や個人セッションとはまた違った形で、気づきや癒しの機会が生まれていきます。とてもパワフルですし、セミナーを通じて、人としてのニーズや、そしてつながり、またエネルギーのダイナミックな流れを実感することも多いと思います。

                 

                さて、この2日間のセミナーで、改めて私も意識したことですが、私達の「個」としてのニーズは、物質的世界で生きている「私」と肉体以上の存在である「私」のすべてのニーズが満ちてこそ、真の充足感が得られるものだろうということです。そしてまた、人生を構築していく時に、そのすべての自己から新たなビジョンを描いていくことが重要であるということ。 つまりは魂にとっても、人格にとっても、そしてその一部である内なる子供にとっても喜びを見出すことができるビジョンを描いていくことで、そのプロセスも結果も、より喜びのあるものになっていくだろうということ。 例えば内なる子供だけにプランを任せては、この現実社会への対応力が弱くなってしまうかもしれませんし、その内なる子供がまだ傷ついた未発達な意識のままであるならば、恐らくまた同じように傷つくパターンが繰り返されていくかもしれません。 また、魂だけにプランを任せて(この場合の魂とは、統合されていない意識が魂の一側面にだけフォーカスをしているという状態をさします)、現実社会に体と心をもって生きている「私」のニーズが置き去りにされるなら、魂と一部つながっているという感覚を持ちながらも、決して今を生きている私が満たされていくことはないのではないかと思います。 ぜひ、人生を再構築していくにあたっては(今そのような節目にあるという方は)、宇宙と魂とハイーアセルフと副人格(エゴ)とその一部でもある内なる子供のすべてにとってOKと思える選択をしていく、ということを意識に入れてみて下さい。自分が描いているビジョンについて、それは魂にとってどうなのか、人格にとってどうなのか、内なる子供にとってどうなのか、問いかけてみることです。 まずは、そのためにも、自分の全存在からの正直な声に耳を傾けることです。 ぜひ、今、新たに何かを作り出していきたい、あるいは再スタートをしたいと考えている人は、自分がこのすべての声をきいているのか感じてみてあげて下さい。

                 

                さて、その自己のニーズということを、オーラ層の各レベルと照らしあわせ、かつヒーリングという視点からバーバラ・ブレナンが書いています。「癒しの光」上巻からご紹介します。

                 

                ヒーリングとは、自己を思い出す、あるいは存在の奥深くにある本来の自己とのつながりを再度確立する過程である。思い出す(re-membering)とは、メンバー(member)すなわちさまざまな自己の部分を、一つにまとめることだ。ちょうど、ホログラム写真板の小さな断片が集まるとさらに鮮明な像が得られるのに似ている。  

                ヒーリングの各段階ごとに、我々を旧来の生き方や旧来の決めつけ、狭い視点へと引き戻そうとする誘惑がある。ヒーリングの過程の大きな部分を占めるのは、自分の過去からの声が「危険だ」とどんなに叫ぼうが、新しいフレームワークへと歩み続けることだ。 第二の基本要素は、自己について、特に「自分という人間が必要としているもの」(自己のニーズ)について正直であることだ。自分が何かを必要としていることを認め、そしてそれで構わないのだと知ること、さらに実際になにを必要としているのかに気づくことが大切で、そのためには自分の本当のニーズとはなにかを探し求める必要がある。おおかたの人は自分の持っている多くのニーズに気づいていない。これをあらゆるレベルで見つけ、満たすことがなにより大切だ。真のニーズをみつけだすには忍耐と内省を要する。

                存在の各レベルで自己のニーズを満たすことは、ヒーリングを進める上で非常に重要となる。というのは、満たされないニーズは直接、病気の原因と結びついているからだ。1章(「癒しの光」の)で、病気の根本的原因は、真の自己を忘れていること、およびその忘却に基づいて行動していることだと語ったのを覚えているだろうか。人が自己の真のニーズを満たすことができないのは、真の自己のままに生きていないからである。ヒーリングの過程とは、自分の過去を振り返っていまだ満たされていない真のニーズをみつけ、どんなにつらくてもそれを認め、そして今それを満たす方法をみつけていく過程だ。創造の力が内面から顕れてくる途中で遮られるたびに、満たされないニーズと痛みが生まれる。自己の内面に存在するこうしたニーズと痛みをみつけだせば、自己の内面に生命エネルギーがもたらされる。存在のコアから流れ出るポジティブな創造の意図を満たすことこそが、ヒーリングの本来の姿なのである。これによって存在のコアを覆うベールが溶け去っていき、人は真の自分を生きることができるようになる。瞬間瞬間の真のニーズを満たすと、ホログラフィー式に、過去のすべての満たされなかったニーズが癒される。すると最も根本的なニーズへと導かれる。すなわち、自己のコアを自分が創りあげる方法で表現することである。

                 

                このプロセスを実際のヒーリングの現場からみてみよう。そのためにHEF(ヒューマンエネルギーフィールド=オーラ)と、その各レベルに対応するニーズを検討する。 クライアントそれぞれのニーズはHEFの特定レベルと関連している。HEFは、人間の肉体、感情、知性、スピリチュアル面の各レベルを直接的な形であらわしている。つまり、HEFの各レベルは人生で経験することに対応している。 HEFの第一レベルは、肉体の機能及び感覚に関連している。このレベルでのニーズは、健康な肉体と、それに伴う素晴らしい肉体感覚を楽しむことだ。第二レベルは自己に対する感情に関連している。このレベルのニーズは、自己をありのままに愛し、受け入れることだ。第三レベルは知的活動と精神の明晰さに関連する。このレベルのニーズは、なめらかに機能する明晰で敏捷な理性をもつことだ。

                第四レベルは対人感情、すなわち、「我と汝」の関係(ほかの人間との対等なつながり)と関連している。このレベルでのニーズは、種々の人間関係、たとえば友人、家族、同僚、恋人などとの関わりにおいて、愛し愛されることだ。 第四レベルは人間のハートと愛に関連し、第一から第三レベル(肉体の機能)に表現される物質世界と、第五から第七レベル(スピリチュアルな機能)に表現されるスピリチュアルな世界の架け橋と考えることができる。

                第五レベルは創造プロセスにおける言葉の力と関連している。それはまた物質レベルにおけるすべての形のテンプレート(鋳型)として働く。このレベルにおいて言葉を発することは、物質世界で形を創造することにつながる。真実を語れば人生に真理と明晰さを創り出す。正直に語らなければ人生に歪みを創りだす。このようにこのレベルにおけるニーズは、真実を語り、真理とともにあることだ。 第六レベルはスピリチュアル面の感情と結びついている。宗教儀式に参加した時、スピリチュアルな音楽を聴いた時、日の出を見たり、山で腰を下ろしていたり、瞑想したり、愛する人の目を見つめる時などに感じる陶酔感だ。このレベルでのニーズは魂の滋養であり、それは種々のスピリチュアルな経験からもたらされる。

                第七レベルは神聖な理性と関連している。このレベルが明晰で、強く健康であれば、ここに意識を向ける時、存在するものすべての内に神聖な完璧さがあるのがわかる。人生のあらゆる断片の意味を理解でき、深いやすらかさを経験する。 このレベルには、個人の思い込みや信条の体系が存在する。そのあるものは神聖な法則に沿っているが、ほかのものは歪んでいる。このレベルに存在するネガティブな思い込みこそが、すべての問題の原因だ。このネガティブな思い込み(すなわち「イメージ的結論」から人は病気を創り出す。病気はその人の人生のどのレベルにもあらわれる。肉体にも感情にも精神にもスピリチュアルな面にも。

                このレベルのニーズはやすらかさを知ることである。やすらかさは、生の完璧なパターンが地上に存在するのを理解することから生まれる。これは真実に基づいたポジティブな信条からくる。

                 

                〜〜〜間略

                 

                自分自身に完全に正直であるというのは、時に難しいことだ。自己の足りないところをみると、その奥になにが隠されているのかをみきわめること、そしてそれをかえる道を選ぶことは、途方もなく大変な仕事だ。しかし大きなみかえりがある。自己の内にあるネガティブな部分を掘り起こすと、それに結びついたポジティブな創造のパワーをも掘り起こすことになる。というのは、ネガティブな部分とは、もともとポジティブな創造パワーであったものがトラウマ経験等を通して歪められたものにほかならないからだ。

                このようにトランスフォーメーション(昇華、変容)体験は、本来の偽りなく明晰で愛に満ちた自分という贈物をもたらしてくれる。 ある程度トランスフォーメーションを行うと、それによって解放された創造エネルギーが自動的に、トランセンダンス(超越)の経験へと導いてくれる。するとトランスフォーメーションとトランセンダンスをヒーリングのために使うことができるようになる。自己の肉体を癒して人生にトランスフォーメーションをもたらすだけでなく、トランセンダンスの結果、より高い自分なりのスピリチュアルな経験へと導かれる。日常生活からのトランセンダンスを経験する時、魂の視点からみてさらに高い価値のあるものを生活の実用面に組み込むことを学ぶ。こうして物質世界自体がスピリチュアルなものとなる。スピリチュアルなものが人生の物質面に浸透するのだ。

                 

                 

                間を飛ばしたり、前後の文章もないのでわかりにくいところもあるかと思います。この内容についてもっと知りたいという方は、ぜひ「癒しの光」をよんでみて下さい。上記部分は、P213からです。

                 

                ☆ヒーリングクラス・チャネリングクラスについて

                6月27日18時30分〜

                江之子島文化芸術創造センター ルーム11

                参加費:無料

                お問合せ・お申込み:healingmahora★infoseek.jp (←スパム対策の為、★マークを@マークに変えてください。)

                 


                | 1/57PAGES | >>